転職 就職

転職関連情報ナビ

転職に役立つ様々な情報をあなたの転職活動に役立ててください。

転職関連情報ナビ

当ブログ「転職関連ナビ」にご訪問いただきまして

ありがとうございます。

 

このブログは、転職に関する様々な情報を書いていくことで、
転職活動をする人に役立ててもらえればと思っています。

 

それと同時に、
私が転職に関することで調べたりしたことを
残していくというアウトプット的な意味もあります。

 

調べたものも精査して書いていくというよりは、
学んだことをリアルタイムで書いていくという形での運営をしていきます。

 

情報を受け取ってから、
精査という工程が抜けてる分、少しきれいな文章じゃないところもあるとは思いますが、
その代り、より生ものに近い形で情報を発信できるという意味では、
きれいにまとめたサイトとは少し違った意味でいいものになっていくのではないかと思っています。

 

面接や書類の書き方、退職の仕方など
他にもさまざまなところで転職を考える際に知っておいたほうがいいことはたくさんあります。

 

それらを情報を集めつつ、一時段階でブログとしてまとめていくので、
是非、あなたの転職活動の役に立てるところがあればと思っています。

 

あと、転職ではなく就職活動中の人も参考になる個所もあると思いますので、
就職活動中の方も気になるところがあれば目を通してみるのもいいかもしれませんね。

 

基本は、転職に関する情報というところで情報を書き留めていきたいと思っています。

 

たまに全然関係ないことも書くときもあるかもしれません。(苦笑)

 

転職を考えている方は、是非RSSなどで最新情報をチェックしていただけると幸いです。

 

それでは、これからよろしくお願いします。

 

当ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

当ブログを十分に活用していってください。

転職サイトと人材紹介会社の違い

求人探しは

もはやインターネットが
大きな市場を占めており、
企業が転職サイトや人材紹介会社を
運営しているところも多くあります。

 

有意義に転職探しをするためにも、
これらの企業の情報やノウハウを生かして
効率よく求人を見たいところですが、
転職サイトと人材紹介会社は
システムが少し違います。

 

転職サイトも人材紹介会社も
求人を斡旋することには変わりありませんが、
求人を探すのが
自分か企業の担当者かの違いになります。

 

転職サイトに登録すると、
その企業がおさえている求人の一覧を見ることができ、
実際に応募したりする時には
自分自身が求人先とやりとりするというのが通例です。

 

自分で待遇や給与などの交渉は
自分自身で行わなければなりませんので、
面接時などでしっかり確認するなどを怠らなければ
何も問題はありません。

 

一方、
人材紹介会社は自分の希望を伝えると、
担当者が自分に代わって希望する企業を見つけてきて、
待遇面などを交渉してくれるというシステムです。

 

1人に1人担当者がつきますので、
転職が成功するまで面倒を見てもらえますし、
待遇などの交渉も行ってくれます。

 

人材紹介会社は、
システムエンジニア、看護師、薬剤師など、
有資格者の専門的な求人を扱っていることも多いので、
その分野に精通した人が対応してくれるので心強いです。

 

例えば、看護師の人材紹介会社でいうと
ここのサイトで紹介されているようなものがあります。⇒看護師 転職
(看護師の人材紹介会社の紹介サイトの中では、
かなり優良なサイトの一つのなので、知っている人もいるかもしれませんね。)

 

ただ、その担当者との相性が問題で、
もし自分とその担当者の意見が合わなければ、
良い求人にめぐり合うことは難しくなります。

 

また、紹介してもらった企業があまり好印象でない場合、
違う求人を紹介してもらうことは可能ですが、
担当者によっては心象を悪くしてしまいます。

 

このように、転職サイトと人材紹介会社は便利な分、
注意していなければ
良い求人に当たるという可能性は低くなってしまいます。

 

一長一短ありますので、
自分にあった方法を見つけて下さい。

続きを読む≫ 2014/09/16 21:52:16

ボーナス転職のノウハウ

ボーナスをもらってから転職を考えるのは、

もはや転職の1つとして
考えられている人も多いかもしれません。

 

確かにボーナスをもらってから
退職して転職したいという気持ちはわかりますが、
それにはそれなりに準備が必要になります。

 

まずは退職には
少なくとも1ヶ月以上前から
上司に伝えておくのがベターです。

 

さらに、ボーナスをもらってから退職すると、
ボーナス目当てと感じる人も多いので、
退職はボーナスをもらって
1ヶ月から2ヶ月経った頃にするようにしましょう。

 

また、退職といっても
今携わっている仕事の引継ぎなどもありますので、
ボーナスをもらってすぐ退職というのは、
周りにも迷惑がかかってしまいます。

 

そして、退職しても
すぐに転職先が見つかるわけではありませんから、
自分で仕事を見つける必要があります。

 

仕事をしながら転職先を見つけるためには、
ある程度前から計画して進めておいて下さい。

 

ボーナス退職の場合は、
転職先にもボーナス退職したと思われる可能性があります。

 

転職は転職の目的を明確にしておいた方が、
転職先に疑われることがないでしょう。

 

転職市場もボーナス後の時期は
応募者が多くなったり、
求人数が少ないということも
十分に考えられますので注意しましょう。

 

このように、ボーナス退職は、
目先のことだけで自分の職歴に傷が付いたり、
職場にも悪い印象を残してしまう可能性があります。

 

ボーナス退職を考えている場合は、
記事や仕事の状況、退職後について
よく考えて行動して下さい。

続きを読む≫ 2014/09/01 21:34:01

転職する前にやるべきこと

転職すべきかどうか迷っている人の中には、

まずは今の職場を退職してから
転職活動しようと呑気にかまえている人もいます。

 

景気が回復傾向だからといって、
転職先がすぐに見つかるという保証はありませんし、
すぐ生活できるような状態までできるわけでもありません。

 

転職する時には、
まずは自分自身で、
もし転職した場合には
求人が今の段階であるかどうか調べてみましょう。

 

一番早い方法は
ハローワークのインターネットで検索してみたり、
求人情報誌を見たりするのが一番です。

 

また、定期的に見ていくことで、
どの業種がどの分野が求人数が多く、
少ないかということも把握できるようになります。

 

中には毎回様々な求人誌に求人を
載せているところもわかってきます。

 

このような企業は、
募集をかけても集まらないような良くない企業だったり、
就職してもすぐ辞めてしまうような企業である可能性もあります。

 

求人を見るのは
千里眼を養うという意味でも重要であり、
条件などの比較もしっかりできるようになります。

 

もし、自分が希望する職業に就職口が沢山載っていれば、
退職後の転職もうまくいく可能性が高くなります。

 

一方であまり見当たらない場合には、
コツコツ時間をかけて探したり、
企業の転職サイトなどで相談するという方法もありますので、
探してみましょう。

 

転職サイトの中には、
登録した人だけが見ることができる求人も
用意されていますので、
上手に利用して転職活動をするようにして下さい。

続きを読む≫ 2014/08/19 23:13:19

資格時代と言われていますが影響は?

資格を取得すれば

自由に就職、転職先を
決定することができるとありますが、
実際にはそうではありません。

 

資格といっても
自分が希望する就職、転職先に
役立つような資格でなければ
取得してもあまり評価されない場合が多いのが現状です。

 

ですから、資格ホルダーとのように
手当たり次第資格を取るというのも、
近年は心象が必ずしも良いものになるとはならないのです。

 

まず、資格は
あくまでも自分をアピールするための1つの材料だと思い、
それを使ってどのように自分をアピールできるのか考えてみましょう。

 

企業としては
資格はあっても使いこなすことができない、
知識に乏しい人はできるだけ採用したくないのが本音です。

 

自分はこの企業でこの資格を生かして
どのような仕事ができるのかというのを
具体的にアピールした方が、
面接もうまくいく可能性が高くなります。

 

また、今まで全く希望する職種に就いていないという人でも、
逆にチャンスを生み出すことができます。

 

最近は人を育てる能力がクローズアップされ、
異業種から意図的に転職してきた人に
管理職を任せてみるといった取り組みも多くあります。

 

新しい風を吹かせるという意味では、
異業種の人にとってはかなりのチャンスにつながります。

 

もちろん転職後も
その専門分野の勉強を怠らないというのが大切ですが、
資格だけではないこの時代だからこそ、
ニーズにあった就職、転職活動ができるようにしましょう。

 

幅広い分野への就職、転職も視野に入れて
新しい世界に踏み出してみて下さい。

続きを読む≫ 2014/08/02 21:46:02

やりたい仕事と待遇

よく、「やりたい仕事に就きたい」とありますが、

実際にやりたい仕事を重視すると、
待遇が自分の思い通りにいかないことも多くあります。

 

逆に、待遇を重視すれば、
やりたい仕事と反比例して
仕事にやりがいを感じなかったり、
ストレスがたまってしまうこともあります。

 

仕事をする上でやりたい仕事と待遇の割合を、
いかに折り合いをつけるかが大事になってくるでしょう。

 

転職などで求人を見る時、
まずは自分が希望する仕事内容かどうか
しっかり判断することから始めます。

 

ただ、やりたい仕事が全て一致する求人は、
なかなか見つかりませんので、
最低限どのような職種で
どのような仕事内容かということを見るようにしましょう。

 

そして、
待遇面で一番重視するところから
当てはまるかどうかもう一度確認していきます。

 

待遇面も全て一致することは少ないですので、
できるだけ順番をつけ、
どの割合であてはまるか見ていきましょう。

 

自分が妥協できる範囲であれば、
あとは面接などで仕事の内容や待遇で見えない部分を、
確認するようにします。

 

どうしても書面では書いていないようなスキルが必要であったり、
職場の雰囲気、方針などは面接などで初めてわかることも多いです。

 

もちろんある程度予想していくことも大切で、
その予想と大差がなければ、
転職してもあまり違和感なく働くことができるでしょう。

 

自分の能力を最大限に発揮するためにも、
やりたい仕事と待遇面のバランスをしっかり見極め、
良い転職先を見つけてみて下さい。

続きを読む≫ 2014/07/13 23:00:13

朝活のススメ

最近朝起きてからの時間を

有効に利用しようと考えている人が多くいます。

 

朝少し早く起きれば
1日を快適に過ごすことが出来るだけではなく、
健康面などの様々良い変化が生み出されます。

 

具体的に朝早く起きてすることの例としては、
仕事の資料に目を通したり、
調べ物をするということが挙げられます。

 

朝慌ただしく出社するよりも
資料の内容が頭に入っていきますし、
内容も整理することができるでしょう。

 

また、ランニングやヨガなどのスポーツをする人も増えています。

 

朝スポーツをすると脳が活性化して
1日元気に仕事をすることができたり、
動きやすくなります。

 

さらに、ゆっくり朝食を食べてエネルギーを補充し、
1日の活動をスムーズにするという方法もあります。

 

さらに、
朝に様々な業種の人が集まって交流する会があったり、
同じ趣味の時間を共有する会、ボランティア活動などもあります。

 

このように、朝の時間を有効に使うと、
様々な面で成長することができる時間を生み出すことができるのです。

 

これは転職活動中にも実践することができ、
朝のリズムを維持したまま仕事が決まれば、
即戦力として働くことができます。

 

もちろん、
自分の体調なども十分に配慮して行うことが大切です。

 

時間の使い方が上手になれば、
仕事もプライベートも充実させることができますし、
人の輪もどんどん広がっていくことになるでしょう。

 

転職活動中こそ、
朝活のリズムを整えるチャンスになりますので、
ぜひ取り入れてみて下さい。

続きを読む≫ 2014/06/26 23:57:26

起業セミナーに参加してみよう

起業したいと考えていても、

方法やプロセスは千差万別で、
どうやって切り開いて言っていいのか
わからないという人もいるでしょう。

 

そんな方には、
起業セミナーに参加してみるという方法をお勧めします。

 

起業セミナーは起業の仕方や、
実際に企業で成功した経営者の方に講演してもらい、
成功の秘訣などを学ぶというものです。

 

起業セミナーは無料のものから数千円かかるものまでありますので、
どのセミナーが自分に合っているのかどうか見極めることも大切です。

 

中には女性起業家の養成を目指したものや、
商工会議所が主催しているような地方に突出しているもの、
今は社員として働いているので
平日の出席が難しい人向けに週末に開催されているものもあります。

 

上手に利用することができれば、
起業するまでスムーズにいく可能性が高くなるでしょう。

 

ただ、起業セミナーは参考にすることはできても、
同じような方法で同じような結果になるとは限りません。

 

企業には会社の顔である自分自身の人脈や環境なども関係してくるため、
自分自身で取り入れて生かしていく能力が大切になります。

 

中には法外な値段を請求するような業者もありますので、注意して下さい。

 

起業家になる第一歩は、命令されたものをこなすという姿勢から、
自ら積極的に良いところを取り入れてビジネスを展開するというということです。

 

待っていては何も始まりませんので、
様々なものを吸収するためにも、
セミナーに参加して切り開いていって下さい。

続きを読む≫ 2014/06/03 22:28:03

転職した先輩の話を参考に

転職活動は、孤独になることも多く、

他の人が社会に出て働いている中、
活動していると時々気持ちも沈みがちになってしまいます。

 

そんな時には、
実際に転職に成功した先輩の話を聞くと、
様々な影響が出てくることがあります。

 

転職に成功した人は、
何よりも今の自分の気持ちを理解してくれるでしょう。

 

そして、どんな努力をしたのか、
時間がある時こそ何をしたら良いのか、アドバイスを求めることで、
自分のこれからの道しるべにもなってくれます。

 

さらに、今自分が悩んでいること、
転職活動に関わる気持ちなどを気軽に相談することができるでしょう。

 

1人で行動していると、どうしても考えが1つに固執しがちで、
話をすることで自分自身の気持ちも整理することができ、
また違った考えも受け入れやすくなります。

 

働いていればなかなか時間が合わないような人とも、
時間を合わせることができる転職活動中の強みを利用して、
積極的に人と関わるようにしましょう。

 

そして、アドバイスしてもらったことは即実践しましょう。

 

履歴書や職務履歴書の書き方や、
実際に何社くらい受けたのか、
自分のなりたい職業と妥協したのかなどを考えながら、
もう一度自分の転職活動を整理してみましょう。

 

アドバイスを受けたもので、取り入れたいものはすぐ行動し、
ちょっとしたことを変えるだけで、うまくいくパターンも多いのです。

 

転職は、自分の能力をためす絶好の機会になりますので、
その時間を無駄にはせず、ポジティブに行動するようにしましょう。

続きを読む≫ 2014/05/10 21:32:10

契約社員でも入りたい企業に転職すべき?

あなたは、自分が転職したい職場が

正社員の雇用がなく、
契約社員だとしても応募しますか?

 

確かに、正社員であれば
社会保険制度など
様々な雇用の待遇が充実していて、
安心感があるという人もいるでしょう。

 

ただ、世の中の動向で
契約社員のみの募集となっているところも少なくないので、
迷っている人も少ないかもしれません。

 

契約社員も近年は
社会保険制度をしっかりつけてくれたり、
ボーナスも支給対象となっているところも多いなど、
待遇は改善されつつあります。

 

特に契約社員の場合は、技術職であることも多いので、
能力給として働くことも多く、
自分のスキルが企業にふさわしいかどうか判断しなければなりません。

 

その企業の欲しいスキルに、自分が合致していれば、
正職員でなくても働く価値はあるということです。

 

むしろ、常に能力を見られているという緊張感で、
しっかりスキルアップしていこうという気持ちが芽生えてきます。

 

もちろん、真面目に働かなければ解雇というようになりますが、
しっかり職務を果たしていれば、
任期満了にならない限り解雇されるということはまずありません。

 

当然、働いている中で
正社員で欲しい人材として成長することができれば、
正社員への雇用のチャンスも十分にあります。

 

また、スキルがしっかりしていれば、
数年契約社員として働いてから
独立するというパターンも企業によってはあります。

 

近年はスキルを上げて道を切り開いていくという方法を、
企業が求める傾向にあり、そ
の最初のステップが契約社員ということもあるのです。

 

転職時にはこれらの動向も踏まえて、
十分吟味してからチャレンジするようにして下さい。

続きを読む≫ 2014/04/21 15:28:21

ハローワークの求人事情

就職や転職を考えた時、

また失業した時の補償などで困ったときは、
ハローワークを思い浮かべる人も多いでしょう。

 

ハローワークも時代とともに変化し、
失業者だけではなく、
子育て中の女性や
資格取得者に特化した就職先を提供するなどしています。

 

ハローワークの求人でよく聞かれるのが
「有効求人倍率」ではないでしょうか?

 

有効求人倍率とは、
募集している求人に対して、
求職者がどのくらいいるかを割合で示したものです。

 

基本的に有効求人倍率が1.0を超えると
求人数の方が求職者よりも多くなり、
1.0よりも低いと、求職者の方が多くなります。

 

平均して都市部の方が仕事がある傾向にありますので、
この倍率も高くなり、地方に行くほど低くなります。

 

ただ、これはあくまでも平均ですので、
自分が目指している職業の倍率はこの通りではないということです。

 

例えば、看護師の有効求人倍率は
3.0や4.0程度と言われていますし、
逆に事務系の有効求人倍率は0.2や0.3程度のところもあります。

 

ですから、実際に求人を見なければ何とも言えませんが、
この求人を見るのもハローワークではルールがあります。

 

基本的にどの企業が募集しているのか見ることができるのは、
求職活動をハローワークに登録している人だけです。

 

仕事をしながら探す場合には、
どの企業が募集をかけているのか見えない場合があります。

 

また、応募したい求人があった時には、
基本的にハローワークから連絡してもらうことになっています。

 

ですから、仕事と求職活動を両方を行う場合には、
ある程度時間がかかると考えたほうが良いでしょう。

続きを読む≫ 2014/04/05 23:12:05

ホーム RSS購読 サイトマップ